浦島太郎


マツモトロニカ・中村です。いつも、ご愛聴有り難うございます。 5回目の配信では、季節がら、「夏」「海」等をキーワードに、色々と考えた末に「浦島太郎」を選んだのですが、クライマックスに悩みました。 一般的には、太郎がおじいさんになって終わりですが、「カメを助けた」にもかかわらず、その報いが「悲劇」とは、あんまりでは??と考えましたので、マツモトロニカ・バージョンでは、異なった結末を用意し、ハッピーエンドにしてみました。 これは、香川県に伝わる太郎の後日談を、更にアレンジしたものです。浦島太郎の話は、日本各地に残っているのですが、それぞれ物語の内容は、異なっています。古くは奈良時代の書物にも紹介されているそうですから、1000年以上の時間と共に、日本各地に広がるにつれて、脚色されていったのかもしれません。 こうやって、自由にアレンジ出来る事が、昔話の魅力のひとつかも知れませんね。「お話しロニカ」も、昔話をどんどん楽しく脚色して、皆様に楽しんで頂ければ、と思います。今後とも、宜しくお願い致します。


最新のお知らせ
過去の記事