浦島太郎 その2


マツモトロニカ・中村です。

浦島伝説は、似たような説話が日本中・世界中に見られるそうですが、奈良時代の書物「風土記」に、特定の地名が書かれている事から、兵庫県の丹後地方の漁民に伝わる話が、日本でのオリジナルでは?との説があります。

水陸両用の「亀」という動物は、長寿だという事もあって、昔から「現世」と「異界」とを結ぶ、霊的な生き物と考えられていたらしいです。海という「異界」は危ないよ、注意しなさい、という子どもへの教訓として、玉手箱の話があるのでしょうか。

写真は先日訪れた、三重県・伊勢市の二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の夫婦岩(めおといわ)と、龍宮社です。この神社にも、龍宮伝説が残っているそうですよ。夫婦岩を間近に見ると、昔の人々の豊な想像力と自分が、時間を超えてリンクするようで、とても不思議な感じがしました。


最新のお知らせ
過去の記事

© 2015 ろにか堂 

■著作権は全て『ろにか堂』が所有しております。

著作権利者の許諾を得ないでディスクに複製 (録音)、配布、配信することは、著作権法で禁止されています。

Email:info@matsumoto-ronica.com