北斎美術館 その2

おはようございます!!

信州小布施にある「北斎美術館」

葛飾北斎は画号を次々と変えて、作品を発表されたそうです。初めて知りました!!

「葛飾北斎」って名前だけじゃなかったのね〜。

有名な作品・「冨嶽三十六景」など、浮世絵の版画も、

彫り師と版をする人もいたという事。

一人でしてる作業工程ではなかったのね〜。

作品を書いてる北斎が素晴らしいのですが、

それを再現して掘る方の技術も素晴らしいのでは!と、初心者の私は感じていましたヾ(>д< )

細かく書かれた作品がたくさん並んでいたので、余計に感じちゃいました。

1番感銘を受けたのは、80歳を超えてから、

作品を書くために、江戸から信州小布施まで200キロ以上に及ぶ距離を旅した事。

現代の様な交通手段などはあるわけない。

目指す作品を書くために、そうまでして行動を起こした「北斎」。

「マツモトロニカ」

情報があふれた現代・世界と繋がる事が容易になった現状。

志を忘れる事なく、地道に、謙虚に作品作りに邁進しなくては。そう思わせて頂いた、時間となりました。

⭐️風呂敷 ( ´ ▽ ` )ノ自分へのご褒美に〜 

それでは、皆様。

今日もよい一日を過ごし下さいませ〜♪


最新のお知らせ
過去の記事