竹久夢二の本と出合う。

ジャーン!!!松本城のすぐそばにあります。

タイムスリップしたかの様に、そこだけ時間が止まった「古本屋」さん。

大名町通り『青翰堂書店(せいかんどうしょてん)』

そのお店の主人は、スーツを着て素敵な紳士の方でした。

子供さんは、バイオリニストとチェリストだそうで、凄い!!!

扱っている書物も、明治時代の年代物がたくさんありました。

表紙も紙もボロボロな本もありましたが(汗)とても、貴重なものだという事は分かります。

見回すだけで、日本文学の歴史を感じます。

『読書の秋』

という事で、全品50%オフ♪( ´▽`) なんとも素敵な期間。

竹久夢二の本が何冊かあり、2冊を購入〜。

思ってた以上の金額がしましたが、もう二度と巡り合わない。と思って、即決です。

松本城へ行かれる時があったら、ぜひ行ってみて下さい。

メイン通りにあるので、すぐに見つかると思いますよ〜!


最新のお知らせ
過去の記事

© 2015 ろにか堂 

■著作権は全て『ろにか堂』が所有しております。

著作権利者の許諾を得ないでディスクに複製 (録音)、配布、配信することは、著作権法で禁止されています。

Email:info@matsumoto-ronica.com